研究概要

基礎研究の成果を実際の臨床に応用していくには多くの課題があり、「死の谷」と呼ばれています。特に、糖尿病・代謝疾患は、全身の臓器が相互に関与し複雑な病態を形成しています。私たちの研究室は、分子や細胞レベルから病態にせまる「ボトムアップ」のアプローチと、疾患や現象から分子機序を掘り下げていく「トップダウン」のアプローチとの、双方からのアプローチにより、糖尿病・代謝疾患の病態解明および治療法開発へ向けたトランスレーショナルリサーチを展開しています。

現在進行中のプロジェクト

  1. ヒト膵島における膵β細胞機能と量の制御
  2. 代謝疾患における炎症や臓器連関の役割
  3. 疾患モデルとヒトにおける代謝臓器の病態形成機構

代償性の膵β細胞量調節機構に関する内容はこちら
           ⇒ 新着論文レビュー(外部リンク)

ヒト膵島を用いたプロジェクトに関する内容はこちら
           ⇒ 日本IDDMネットワーク/ふるさとチョイス(外部リンク)

ヒト膵β細胞の保護メカニズムに関する内容はこちら
           ⇒ 群馬大学プレスリリース

Research Interest

The lab is investigating the pathophysiology of pancreatic islets and other metabolic organs. We are using integrating top-down and bottom-up approaches to identify the clues to the development of therapeutic strategies for diabetes or metabolic disorders. Areas of interest include islet cell growth factors, cell fate determination in endocrine pancreas, metabolic inflammation, inter-organ communication, plasticity of human islet cells, and diabetes therapy.

On-going projects

  1. Regulation of β-cell functions in human islets.
  2. Inflammation and organ networks to modulate metabolism.
  3. Pathophysiology of metabolic disorders in human and animal models

A paper regarding adaptive β cell proliferation
  ⇒ Lab Crunches (Bio-Rad, External link)
  ⇒ ScienceDaily (External link)